刑事コロンボ「アリバイのダイヤル」の感想。意表を突くコロンボの謎解き。

シンプルな構成とわかりやすいクライマックス。お気に入りのエピソードのひとつ。コロンボシリーズの舞台はロサンゼルス。カリフォルニアの青い空とフットボールは西海岸の雰囲気にぴったりだ。

犯人はフットボールチームの雇われ重役。実権を自分のものにしようと創業2代目の放蕩オーナーを殺害する。完璧なアリバイをつくったと思ったが、コロンボが綻びを見つける。

小さな矛盾から徐々に真相に迫るコロンボとそれに苛立ちを見せるようになる犯人。シンプルな知恵比べの頭脳戦だ。電話の盗聴を逆手にとってアリバイづくりに利用した犯人に、裏面から矛盾を突きつけるクライマックスは、シリーズの中でも鮮やかなエピソードのひとつ。

ロバート・カルプは3度犯人役で登場する。「指輪の爪あと」、「意識の下の映像」、そしてこの「アリバイのダイヤル」。何れもエネルギッシュで冷徹な頭脳犯を演じている。とにかく悪い犯人が巧妙なアリバイをつくって殺人を犯す。それをコロンボが、意表を突く方法でアリバイを崩す。シンプルな謎解きものとしはおすすめの3本だ。

【関連記事】NHKBSプレミアム刑事コロンボベスト20発表
【関連記事】刑事コロンボおすすめエピソード
【関連記事】シーズン別リスト
【関連記事】ブルーレイBOX価格下がる
【関連記事】コロンボが好きなチリ
【関連記事】自縛の紐
【関連記事】死の方程式
【関連記事】美食の報酬
【関連記事】魔術師の幻想
【関連記事】意識の下の映像
【関連記事】死者のメッセージ
【関連記事】策謀の結末
【関連記事】権力の墓穴
【関連記事】秒読みの殺人
【関連記事】殺人処方箋
【関連記事】殺しの序曲
【関連記事】逆転の構図
【関連記事】歌声の消えた海
【関連記事】構想の死角
【関連記事】ロンドンの傘
【関連記事】祝砲の挽歌
【関連記事】パイルD-3の壁
【関連記事】溶ける糸
【関連記事】忘れられたスター
【関連記事】二枚のドガの絵
【関連記事】別れのワイン
【関連記事】偶像のレクイエム
【関連記事】断たれた音
【関連記事】毒のある花
【関連記事】野望の果て
【関連記事】第三の終章
【関連記事】愛情の計算
【関連記事】白鳥の歌
【関連記事】ビデオテープの証言
【関連記事】5時30分の目撃者
【関連記事】ハッサン・サラーの反逆
【関連記事】仮面の男
【関連記事】闘牛士の栄光
【関連記事】さらば提督
【関連記事】ルーサン警部の犯罪
【関連記事】黄金のバックル
【関連記事】攻撃命令
【関連記事】指輪の爪あと
【関連記事】ホリスター将軍のコレクション
【関連記事】死者の身代金
【関連記事】もうひとつの鍵
【関連記事】黒のエチュード
【関連記事】悪の温室
【関連記事】アリバイのダイヤル