スポーツ

スポンサーリンク
スポーツ

東京オリンピックは1年程度の延期。1976年冬にはデンバーからインスブルックへ開催地変更。

新型コロナウィルスの影響により、今年開催予定の東京オリンピックが1年程度の延期となった。オリンピックの延期は史上初めてとなる。 最近で大きな変更があった大会は、1976年の冬季オリンピック。1970年の5月にアメリカのデンバーが開催地...
スポーツ

有馬記念(2019)はリスグラシューが勝った。アーモンドアイは9着。

豪華メンバーがそろった今年の有馬記念。それでも断然の1番人気はアーモンドアイ。 アエロリットが逃げて最初の1000mが58.5秒というハイペース。後続は少し離れていたが、それでも縦長の展開に。有力馬は中段あたりで待機。直線のたたきあい...
スポーツ

大谷清文著「競馬力を上げる馬券統計学の教科書」書評感想

オッズを利用した馬券術本。 オッズを統計的に処理して、勝てそうな馬、波乱になりそうなレースを見極めて、馬券の買い方の基本にしようという手法。 こういった馬券術では、オッズがどうなったときに狙うかがポイントになる。勝てるオ...
スポーツ

馬場虎太郎著「馬場を読んで馬券で勝つ方法」書評感想

馬場状態をもとにした馬券攻略本。 JRA発表の馬場状態をもとに、内外の違い、馬の重の巧拙、逃げと差しの有利不利くらいは、普段の馬券検討でもする範囲だ。この本では更に突っ込んで、オリジナルの5段階の馬場の読み方をもとに、コースご...
スポーツ

ジャパンカップ(2019)はスワーヴリチャードが勝った。

混戦になった今年のジャパンカップは、重馬場でのレースとなり、前に行っていたスワーヴリチャードとカレンブーケドールの1,2着で決まった。3着にはワグネリアンが後ろから突っ込んきた。 内が荒れているということだったのに、内を走った馬がのび...
スポーツ

竹内裕也著「ミリオンダラー馬券術」書評感想

割と有名な馬券術の本。人気があるためか、改訂前のものはなかなか手に入らなくなっている。 競馬ブックのレーティングをもとにして、馬とレースのレベルについて独自の評価するレーティングを出す。レーティングだけでなく、オッズ、ローテー...
スポーツ

マイルチャンピオンシップ(2019)はインディチャンプが勝った。

ダノンの2頭が人気となったマイルチャンピオンシップ。勝ったのはインディチャンプ。スローペースで上がり勝負のレースになり、最後のキレで持ち味が出た。それにしても安田記念とMCSとも自分の長所が生かせる展開になったのも強運。 ダノンプレミ...
スポーツ

井上章一著「プロレスまみれ」書評感想

NHKの歴史番組でよく見かける著者。歴史の先生がこんな濃い趣味をお持ちであったとは思わなかった。書名どおりのプロレスまみれ。プロレス愛に満ちた本。 冒頭からNHKの善人ブッチャーという取り上げ方に異議を唱え、最後の国会答弁での...
スポーツ

天皇賞秋(2019)はアーモンドアイが完勝。やはり世界レベルの馬。

アーモンドアイとサートゥルナーリアの一騎打ちムードとなった天皇賞秋。G1でもこれほどメンバーが揃うレースは珍しい。 アーモンドアイ、サートゥルナーリア、ダノンプレミアムの有力馬が前につけ、前半1000mは59.0秒のよどみないペース。...
スポーツ

真田理著「馬券億り人」書評感想

表紙を見ても射幸心をあおるような文句が並んでいる。導入も、win5で億を超える払い戻しを2度得た予想手法の解説から入る。そして、パチスロで稼いでいたときの方法も解説。著者はギャンブラーと言えるだろう。 競馬の予想法としてはオー...
スポンサーリンク