スポンサーリンク
映画

映画「本陣殺人事件」(1975)の感想。中尾彬が金田一耕助。

中尾彬が金田一耕助を演じる本陣殺人事件。 角川の金田一耕助シリーズ以前の作品になる。市川崑監督のものと比較すると、こちらはよりリアルな映画に仕上がっている。市川作品はミステリーにコメディ要素などを取り入れたエンターテインメント作品だが、それ...
雑貨

Amazonでシンプル壁掛け時計を買った。アナログ式で見やすい。

キッチンの壁掛け時計が壊れてしまった。今度はシンプルで見やすい時計がいいなと思い、Amazonを調べて見つけたのがこれ。MAGのアナログ時計W-771WH-Z。 針式のアナログ時計で電波時計ではない。秒針は1秒ごとに動くタイプではなく連続で...

福原直樹著「黒いスイス」の感想。

国をイメージで語るとき、スイスは間違いなく好感度トップグループに属するだろう。北欧諸国とともに高い生活水準と紛争の影のない平和なイメージで、ユートピアのように感じる国だ。本書では、そういったスイスのイメージを覆すようなトピックスが並び、裏の...
スポーツ

映画「東京2020オリンピック SIDE:A」(2022)の感想。

東京2020オリンピック競技大会の公式記録映画。アスリートを中心にして描いた第1部。河瀬直美監督。 それぞれのアスリートの抱える物語をつなぎ合わせ、その間に競技のシーンを挟み込むといった構成。メッセージ性がかなり強い。難民、国籍、家族、国や...
映画

映画「白と黒」(1963)の感想。小林桂樹、仲代達矢出演のサスペンス。

1963年公開のモノクロサスペンス映画。小林桂樹、仲代達矢出演。 若手弁護士が不倫相手である恩師の妻を発作的に殺害する。すぐに前科のある男が逮捕され、取り調べを受けると窃盗だけでなく殺人も自供してしまう。弁護士は良心の呵責に苛まれ、担当検事...
映画

映画「8 1/2」(1963)の感想。フェデリコ・フェリーニ監督。

1963年仏伊製作のモノクロ映画。フェデリコ・フェリーニ監督作品。 「映画監督はつらいよ」といった作品。もちろん主人公の映画監督はフェリーニ自身。現実社会と妄想、過去の記憶が入り混じって映画づくりの苦悩が描かれる。 名声を得た映画監督であっ...
PC

UGREENのUSB-Cハブを購入。Revodok 105。100W PD急速充電

AmazonでUGREENのUSB-Cハブを購入した。このタイプのハブは、Amazonでいろんな種類が売られている。優先LANとかSDカードの端子付きのものもあるが、端子の数は最低限でよいので5個付きのものを選んだ。値段は1900円くらい。...
PC

AmazonでHDMIケーブル購入。2m、4k 60Hz対応、HDMI2.0規格。

ちょっと長めのHDMIケーブルが必要になったので、Amazonを物色。ブランド品だとかなりの値段になる。値段とスペックを見て選んだのはこれ。 Snowkidsというブランドの2mのケーブル。HDMI2.0規格で60Hzで4Kに対応している。...
食べ物

ペッパーランチ「お肉たっぷりビーフペッパーライス」の感想。

よく行く近所のフードコートの中では、ペッパーランチはかなりお客さんを集めている。ところが、不思議と今まで利用したことがなかった。たまには食べてみるかと思い、人気メニューの「ビーフペッパーライス」の肉を増量した「お肉たっぷりビーフペッパーライ...
映画

映画「トレイン・ミッション」(2018)の感想。サスペンスパニック映画。

2018年公開のサスペンスパニック映画。原題は"The Commuter"で通勤者の意味。 元警官で保険外交員の主人公は、ある日上司からリストラを言い渡される。息子の学費などお金が必要な状況であり、失意の中通勤列車に乗り込む。すると見知らぬ...
スポンサーリンク