刑事コロンボ「自縛の紐」の感想。傑作か秀作か?

刑事コロンボの「自縛の紐」を見た。

「第三の終章」のように頭脳派コロンボの真骨頂を発揮する代表的なエピソードだ。ミステリーファンにはとくにおすすめ。

犯人はスポーツジム経営者。コロンボがニンジンジュースを飲まされたり、靴に入った砂を内緒捨てたり、葉巻を捨てるシーンは面白い。

この頃のデータベースの出力は、ディスプレイ表示ではなくプリントアウトだったんだとあらためて思う。

ラストシーンは秀逸だ。犯人がしらを切れば逃げられそうなのは、「5時30分の目撃者」と同じ。だが、そこまで考えなくてもよいだろう。ドラマだから。

【関連記事】NHKBSプレミアム刑事コロンボベスト20発表
【関連記事】刑事コロンボおすすめエピソード
【関連記事】シーズン別リスト
【関連記事】ブルーレイBOX価格下がる
【関連記事】コロンボが好きなチリ
【関連記事】自縛の紐
【関連記事】死の方程式
【関連記事】美食の報酬
【関連記事】魔術師の幻想
【関連記事】意識の下の映像
【関連記事】死者のメッセージ
【関連記事】策謀の結末
【関連記事】権力の墓穴
【関連記事】秒読みの殺人
【関連記事】殺人処方箋
【関連記事】殺しの序曲
【関連記事】逆転の構図
【関連記事】歌声の消えた海
【関連記事】構想の死角
【関連記事】ロンドンの傘
【関連記事】祝砲の挽歌
【関連記事】パイルD-3の壁
【関連記事】溶ける糸
【関連記事】忘れられたスター
【関連記事】二枚のドガの絵
【関連記事】別れのワイン
【関連記事】偶像のレクイエム
【関連記事】断たれた音
【関連記事】毒のある花
【関連記事】野望の果て
【関連記事】第三の終章
【関連記事】愛情の計算
【関連記事】白鳥の歌
【関連記事】ビデオテープの証言
【関連記事】5時30分の目撃者