2021-05

スポンサーリンク
テレビ

古畑任三郎第6話「ピアノ・レッスン」の感想。犯人役は木の実ナナ。(ネタバレ)

犯人役はピアニストを演じる木の実ナナ。 世界的作曲家の音楽葬が行われることになった。その前日、追悼曲を演奏する予定だった音楽学院長がピアノで殺されてしまう。犯人は、被害者と対立関係にあり、恩師の愛人でもあったピアニスト。警察は、心臓発...
テレビ

古畑任三郎第5話「汚れた王将」の感想。犯人坂東八十助の「偶像のレクイエム」。(ネタバレ)

将棋のタイトル戦を舞台にしたエピソード。犯人役は坂東八十助。 将棋の米沢八段は、竜人戦で苦しい状況に追い込まれる。そこで封じ手の不正を行い、それに気づかれた立会人を殺害してしまう。翌日開封された封じ手用紙には、不自然なマークが記されて...
映画

映画「眼下の敵」(1957)の感想。米独の潜水艦の攻防を描いた娯楽戦争映画。

第二次世界大戦中の米海軍の駆逐艦とドイツの Uボートの息詰まる対決を描いた作品。 大戦中に南大西洋で米駆逐艦とUボートが遭遇した。それぞれの艦長は、個人的苦悩を抱えながらも、見事な統率力で艦内をまとめて敵艦を迎え撃つ。 爽快な戦...
映画

韓国映画「JSA」(2000)の感想。豪華キャストでイ・ビョンホンがよい。

38度線上の共同警備区域(JSA)で起こった射殺事件。中立国スイスから派遣された女性将校が真相の究明にあたる。朝鮮半島の分断の最前線で起きた悲劇を、ミステリアスタッチで描いた作品。監督は、「オールド・ボーイ」、「親切なクムジャさん」のパク・...
食べ物

松屋「厚切りトンテキ定食・シャリアピンソース」の感想。シャリアピンソースが最高。

2021年5月4日(火)から販売されている松屋の「厚切りトンテキ定食・シャリアピンソース」を食べてきた。 ふつうのトンテキにシャリアピンソースがかかっていて、そのうえにバターがのっている。ただのポークソテーくらいの感覚で食べ始...
テレビ

古畑任三郎第4話「殺しのファックス」の感想。犯人は笑福亭鶴瓶。「権力の墓穴」のパターン。

笑福亭鶴瓶が犯人の推理作家を演じる誘拐殺人事件。 犯人の推理作家は、秘書との不倫の末、妻を殺害する。誘拐殺人事件を偽装するため、ファックスを利用して身代金要求する。犯人の指示に従って、自ら身代金の受け渡しに出かけるが、古畑はその行動に...
食べ物

吉野家の牛黒カレーが復活。スパイシーでコクがあっておいしい。

吉野家からは足が遠のいていたのだが、しばらくぶりに行ってみた。 注文したのは「牛黒カレー」。2年間発売されていて、好評だったために復活したメニューのようだ。もちろん、昔のカレーからは大きくリニューアルされていてる。これを食べる...
PC

PFUのHHKB交換用キートップを東プレキーボードに付けてみた。

HHKBのキートップ購入 PFUのキートップセットを買ってみた。白で型番はPD-KB420KTW。HHKB Professionalシリーズの日本語配列モデルに対応している。 以前から欲しいと思っていたが、この白の日本語モデルは...
食べ物

JALの「ビーフコンソメスープ」の感想。コクのあるおいしいスープ。

スーパーのスープコーナーに行くと、食品メーカーのものと一緒にJALマークのものが売られている。製造は明治だが、あえてJALのスープとして販売しているのは、それだけ好評なのだろうと思って購入してみた。 お湯を注ぐだけのインスタン...
スポンサーリンク