刑事コロンボ「愛情の計算」感想。ベスト20でランク外の駄作。

地味でほとんど話題にものぼらないエピソード。駄作という評判は当たっていると思うが、かえって新鮮に見ることができるかもしれない。

犯人は研究所の所長。息子の論文盗用の事実を知る同僚研究者から、学会での受賞辞退を迫られたため殺害する。アリバイ工作をするが、コロンボは細かい点を見逃さない。ただ、動機がわからない。こういう展開に持って行くのかとい最後のオチ。

感情移入ができるような犯人はいるが、情に訴えることで解決を図るのは大変珍しい。だが、あまりコロンボらしくないし、面白さに欠ける。こういうエピソードがその後につくられなかったのがわかる。

当時としては近未来的な研究所が舞台になっている。21世紀の未来を描いた昔の映画を見ると、今とのギャップで強烈な違和感を感じてしまうことがよくある。このエピソードでもそういった感じを受け、つまらなさに拍車をかけてしまっている。

スマホ、ノートパソコン、液晶ディスプレイ、3D画像。いかに革新的な発明であったかを改めて知ることができる。

【関連記事】NHKBSプレミアム刑事コロンボベスト20発表
【関連記事】刑事コロンボおすすめエピソード
【関連記事】シーズン別リスト
【関連記事】ブルーレイBOX価格下がる
【関連記事】コロンボが好きなチリ
【関連記事】自縛の紐
【関連記事】死の方程式
【関連記事】美食の報酬
【関連記事】魔術師の幻想
【関連記事】意識の下の映像
【関連記事】死者のメッセージ
【関連記事】策謀の結末
【関連記事】権力の墓穴
【関連記事】秒読みの殺人
【関連記事】殺人処方箋
【関連記事】殺しの序曲
【関連記事】逆転の構図
【関連記事】歌声の消えた海
【関連記事】構想の死角
【関連記事】ロンドンの傘
【関連記事】祝砲の挽歌
【関連記事】パイルD-3の壁
【関連記事】溶ける糸
【関連記事】忘れられたスター
【関連記事】二枚のドガの絵
【関連記事】別れのワイン
【関連記事】偶像のレクイエム
【関連記事】断たれた音
【関連記事】毒のある花
【関連記事】野望の果て
【関連記事】第三の終章
【関連記事】愛情の計算