刑事コロンボ「パイルD-3の壁」感想。ベスト20で5位

監督はピーター・フォーク。そのせいかコロンボのカットが多い。いつも以上に主役を演じるピーター・フォーク。ヨレヨレコートと葉巻のポーズをとるコロンボの一人舞台といった感じ。

犯人は著名な建築家。トラブルから出資者の実業家を殺害する。出資の継続のため、被害者の妻が自由に遺産が使えるように遺体を隠す。

一番の見どころは、犯人とコロンボの心理戦。お互いに相手の裏をかこうとするやりとり。そこがしっかりしているのがこのエピソードのよさで、最後の対決でコロンボが勝つあざやかさが人気の秘密だろう。

ただ、ストーリー的には、芯はしっかりしているが、細部はイマイチという感じがする。
犯人が死体を隠すのが目的なら、パイルに戻る必要はないだろう。似たようなクライマックスの「指輪の爪あと」や「白鳥の歌」ほどの必然性はない。

それに不要なシーンも。血のついたカウボーイハットと犯人の車がパンクする場面は、とくに入れる必要はないんじゃないかな。

【関連記事】NHKBSプレミアム刑事コロンボベスト20発表
【関連記事】刑事コロンボおすすめエピソード
【関連記事】シーズン別リスト
【関連記事】ブルーレイBOX価格下がる
【関連記事】コロンボが好きなチリ
【関連記事】自縛の紐
【関連記事】死の方程式
【関連記事】美食の報酬
【関連記事】魔術師の幻想
【関連記事】意識の下の映像
【関連記事】死者のメッセージ
【関連記事】策謀の結末
【関連記事】権力の墓穴
【関連記事】秒読みの殺人
【関連記事】殺人処方箋
【関連記事】殺しの序曲
【関連記事】逆転の構図
【関連記事】歌声の消えた海
【関連記事】構想の死角
【関連記事】ロンドンの傘
【関連記事】祝砲の挽歌
【関連記事】パイルD-3の壁
【関連記事】溶ける糸
【関連記事】忘れられたスター
【関連記事】二枚のドガの絵
【関連記事】別れのワイン
【関連記事】偶像のレクイエム
【関連記事】断たれた音
【関連記事】毒のある花