刑事コロンボ「黄金のバックル」の感想。謎を残して終わるエピソード。

以前、コロンボファンの友人と会ったときに、一番の駄作は何かという話になった。ふたりとも「黄金のバックル」と言い、あまりにもつまらなくて内容を覚えていないで一致した。

改めて見ると、出来はよくないが、そんなにひどくもないのではと思える。

犯人は、上流階級の一族が経営する美術館の女性館長。経営を巡って対立する弟を、警備員をそそのかして殺害する。灯りの件、腕時計の件などから、コロンボは犯人を追い詰める。最後は心理的に自白に追い込む。

犯人の計画は穴だらけなので、コロンボがいつものように追い込んでいく手法には目新しさはない。謎を残したまま終わるのがこのエピソードの特徴。姪は誰の娘なのか、犯人は元婚約者の姉の夫を殺したのか。とくに愛する姪を犯人にしようとしたのはなぜかという疑問は残る。人間関係の重きを置く横溝正史作品のような終わり方をするのかと思ったが、うやむやになってしまった。

家族関係の描き方が不十分で、こういった尻切れトンボのような終わり方になったのかと思う。全体的に雑なつくりだが、逆にそこにあれこれ考えを巡らす楽しみを残してしまった作品。

犯人の姉が失神したり、ドレスを破かれるシーンは、クルーゾー警部を思い出させる。ここまでコミカルな演出は、コロンボシリーズでは珍しい。

【関連記事】NHKBSプレミアム刑事コロンボベスト20発表
【関連記事】刑事コロンボおすすめエピソード
【関連記事】シーズン別リスト
【関連記事】ブルーレイBOX価格下がる
【関連記事】コロンボが好きなチリ
【関連記事】自縛の紐
【関連記事】死の方程式
【関連記事】美食の報酬
【関連記事】魔術師の幻想
【関連記事】意識の下の映像
【関連記事】死者のメッセージ
【関連記事】策謀の結末
【関連記事】権力の墓穴
【関連記事】秒読みの殺人
【関連記事】殺人処方箋
【関連記事】殺しの序曲
【関連記事】逆転の構図
【関連記事】歌声の消えた海
【関連記事】構想の死角
【関連記事】ロンドンの傘
【関連記事】祝砲の挽歌
【関連記事】パイルD-3の壁
【関連記事】溶ける糸
【関連記事】忘れられたスター
【関連記事】二枚のドガの絵
【関連記事】別れのワイン
【関連記事】偶像のレクイエム
【関連記事】断たれた音
【関連記事】毒のある花
【関連記事】野望の果て
【関連記事】第三の終章
【関連記事】愛情の計算
【関連記事】白鳥の歌
【関連記事】ビデオテープの証言
【関連記事】5時30分の目撃者
【関連記事】ハッサン・サラーの反逆
【関連記事】仮面の男
【関連記事】闘牛士の栄光
【関連記事】さらば提督
【関連記事】ルーサン警部の犯罪
【関連記事】黄金のバックル