刑事コロンボ「歌声の消えた海」感想。ベスト20で9位

メキシコへ向かう豪華客船での事件。旅行中のコロンボは捜査にのりだす。

犯人は中古車ディーラー。浮気相手の歌手から恐喝され、計画的に殺害する。

コロンボは早々に犯人の目星をつけ、辻褄の合わない点から証拠を見つけ出そうとする。

犯罪のトリックとしては、わりと杜撰で穴だらけ。だいたい犯行道具の手袋を忘れてきたということからして、犯人としては前代未聞の失態。

最後は犯人を罠に陥れるよく出てくるパターン。だが、決め手が少し雑。もうひとひねり欲しいところ。

ミステリーとしてはあまり評価できない作品。しかし豪華客船という華やかな舞台、矛盾点を次々に見つけるコロンボの手際のよさが相まって、流れのよいドラマに仕上がっている。見ていて楽しいエピソード。

コロンボはかみさんと一緒に旅行中という設定だが、案の定、コロンボ夫人は最後まで姿を見せない。

【関連記事】NHKBSプレミアム刑事コロンボベスト20発表
【関連記事】刑事コロンボおすすめエピソード
【関連記事】シーズン別リスト
【関連記事】ブルーレイBOX価格下がる
【関連記事】コロンボが好きなチリ
【関連記事】自縛の紐
【関連記事】死の方程式
【関連記事】美食の報酬
【関連記事】魔術師の幻想
【関連記事】意識の下の映像
【関連記事】死者のメッセージ
【関連記事】策謀の結末
【関連記事】権力の墓穴
【関連記事】秒読みの殺人
【関連記事】殺人処方箋
【関連記事】殺しの序曲
【関連記事】逆転の構図
【関連記事】歌声の消えた海
【関連記事】構想の死角
【関連記事】ロンドンの傘
【関連記事】祝砲の挽歌
【関連記事】パイルD-3の壁
【関連記事】溶ける糸
【関連記事】忘れられたスター
【関連記事】二枚のドガの絵
【関連記事】別れのワイン
【関連記事】偶像のレクイエム
【関連記事】断たれた音