刑事コロンボ「秒読みの殺人」感想。ベスト20で13位

以前にもおすすめとして紹介した「秒読みの殺人」が13位に入った。

犯人は、テレビ業界のキャリアウーマン。愛人関係にあった上司が栄転になり、その後任に指名されないことを知ると、上司を計画的に撃ち殺してしまう。

コロンボのトリックに落ちる最後は、「権力の墓穴」に似ていなくもないが、ミステリー的にはまあまあのエピソード。

トリッシュ・ヴァン・ディヴァー演じる犯人の人物描写がこの作品の見所。

犯人はバリバリの上昇志向の強い女性。だが、決して野心だけのタイプではない。精神不安定のタレントを慰めるシーンでは思いやりを見せ、決して爆発はしない。
幼年時代を過ごした家でコロンボと向き合うシーンでは、寂しい内面を見せたりもする。

エレベーターの中で、荷物に乗り拳銃を取ろうとするシーンは示唆的。必死にキャリアアップ目指す犯人の葛藤をあらわすようだ。

一方、ミステリーの犯人としてはやや疑問な行動が多い。そもそも上司を殺害しても、自分が後任になれるかどうかは確かではないだろう。
凶器の銃をエレベーターの中に置いたままにしているのも不可解。

仕事の有能さと犯罪の粗さが対比されて、コロンボに追い込まれる様子は切ない。

全編にわたり、犯人役のトリッシュ・ヴァン・ディヴァーの表情に漂う緊迫感は見る価値あり。人間ドラマとしては、「忘れられたスター」よりもこの作品をすすめたい。

【関連記事】NHKBSプレミアム刑事コロンボベスト20発表
【関連記事】刑事コロンボおすすめエピソード
【関連記事】シーズン別リスト
【関連記事】ブルーレイBOX価格下がる
【関連記事】コロンボが好きなチリ
【関連記事】自縛の紐
【関連記事】死の方程式
【関連記事】美食の報酬
【関連記事】魔術師の幻想
【関連記事】意識の下の映像
【関連記事】死者のメッセージ
【関連記事】策謀の結末
【関連記事】権力の墓穴
【関連記事】秒読みの殺人
【関連記事】殺人処方箋
【関連記事】殺しの序曲
【関連記事】逆転の構図
【関連記事】歌声の消えた海
【関連記事】構想の死角
【関連記事】ロンドンの傘
【関連記事】祝砲の挽歌
【関連記事】パイルD-3の壁
【関連記事】溶ける糸
【関連記事】忘れられたスター
【関連記事】二枚のドガの絵
【関連記事】別れのワイン
【関連記事】偶像のレクイエム
【関連記事】断たれた音
【関連記事】毒のある花