刑事コロンボ「指輪の爪あと」の感想。初期の傑作エピソード。

初期の傑作エピソード。コロンボシリーズのエッセンスが詰まっている。

犯人は大きな探偵社を経営する敏腕私立探偵。妻の浮気調査の依頼を新聞王から受け、浮気の事実はなかったという嘘の報告をして、それをネタに妻を強請ろうとする。妻はそれを拒否し、すべてを明らかにしようとする。逆上した犯人は、妻を殴り殺してしまう。

シリーズが進むにつれて、犯人の人間像を描く作品が増えてくるが、このエピソードはシンプル。傲慢な上流階級の犯人とそれをじわじわと追いつめるコロンボという設定で、コロンボ対犯人という基本線に重点が置かれている。

無能な刑事を演じて犯人を油断させ、鋭い観察力で徐々に圧力をかけて追い込んでいく。犯人もコロンボの有能さに気づいて応戦する。ラストも秀逸。あざやかに犯人をトラップにかける。このシリーズ特有の倒叙ミステリーのパターンがはっきりとしている。

コロンボはどんなドラマかと訊かれたら、こんなのだよと言って挙げるのにはふさわしい作品。

【関連記事】NHKBSプレミアム刑事コロンボベスト20発表
【関連記事】刑事コロンボおすすめエピソード
【関連記事】シーズン別リスト
【関連記事】ブルーレイBOX価格下がる
【関連記事】コロンボが好きなチリ
【関連記事】自縛の紐
【関連記事】死の方程式
【関連記事】美食の報酬
【関連記事】魔術師の幻想
【関連記事】意識の下の映像
【関連記事】死者のメッセージ
【関連記事】策謀の結末
【関連記事】権力の墓穴
【関連記事】秒読みの殺人
【関連記事】殺人処方箋
【関連記事】殺しの序曲
【関連記事】逆転の構図
【関連記事】歌声の消えた海
【関連記事】構想の死角
【関連記事】ロンドンの傘
【関連記事】祝砲の挽歌
【関連記事】パイルD-3の壁
【関連記事】溶ける糸
【関連記事】忘れられたスター
【関連記事】二枚のドガの絵
【関連記事】別れのワイン
【関連記事】偶像のレクイエム
【関連記事】断たれた音
【関連記事】毒のある花
【関連記事】野望の果て
【関連記事】第三の終章
【関連記事】愛情の計算
【関連記事】白鳥の歌
【関連記事】ビデオテープの証言
【関連記事】5時30分の目撃者
【関連記事】ハッサン・サラーの反逆
【関連記事】仮面の男
【関連記事】闘牛士の栄光
【関連記事】さらば提督
【関連記事】ルーサン警部の犯罪
【関連記事】黄金のバックル
【関連記事】攻撃命令
【関連記事】指輪の爪あと