映画

スポンサーリンク
映画

映画「アンダルシア 女神の報復」(2011)の感想。織田裕二の外交官シリーズ第2弾。

「アマルフィ 女神の報酬」に続く織田裕二主演の外交官シリーズ。舞台はスペイン。 織田裕二演じる外交官は、自殺した警視総監の息子の調査のためパリからアンドラへ向かう。そこで発見者の女性銀行員の保護をしようとするが、警視庁から派遣されたイ...
テレビ

映画「相棒 -劇場版- 絶体絶命! 」(2008)の感想。

相棒の劇場版第1作。「相棒 -劇場版- 絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソン」。2008年公開。 人気キャスターが被害者の殺人事件が発生し、現場には謎の記号を残されていた。続いて、衆議院議員が警護中に襲撃されるという...
映画

映画「コンフィデンスマンJP英雄編」の感想。「ロマンス編」なみの傑作。

「コンフィデンスマンJP英雄編」を封切り初日に観てきた。朝イチの上映回で、観客は50人ほど。 英雄と言われた詐欺師ツチノコが死んだ。その弟子にあたるダー子たちは、ツチノコの称号をかけてコンゲームを始める。舞台は地中海のマルタ島...
映画

映画「選挙の勝ち方教えます」(2015)の感想。サンドラ・ブロック主演。

サンドラ・ブロック主演の選挙戦の攻防を扱った映画。 サンドラ・ブロックが演じるのは、カリスマ選挙コンサルタント。かっては凄腕で知られていたが、このところ不本意な結果が続いていた。そんなとき、ボリビア大統領選で支持率低迷中の候補に招かれ...
映画

映画「アマルフィ 女神の報酬」(2009)の感想。織田裕二の外交官が格好いい。

フジテレビ開局50周年作品。織田裕二が外交官としてイタリアで活躍する。 イタリアに赴任した外交官の主人公は、到着早々に邦人の女の子の誘拐事件に巻き込まれる。現地警察と協力して捜査にあたるが、同時に外務大臣の訪問が重なり、犯人たちの目的...
映画

映画「007/サンダーボール作戦」(1965)の感想。NATOとバハマの豪華設定。

ショーン・コネリー主演のシリーズの第4作。「ゴールドフィンガー」の次に製作された。 原子爆弾を搭載したNATOの軍用機が消息を絶った。犯罪組織スペクターが、原爆と引き換えに1億ポンドのダイヤモンドを要求してきた。ジェームズ・ボンドは、...
映画

映画「鳥」(1963)の感想。鳥が人を襲うヒッチコック監督の動物パニック映画。

ヒッチコック監督の動物パニック映画。 新聞社社長の令嬢であるメラニーは、ペットショップで弁護士と知り合いになる。後日、彼の自宅をプレゼントのラブバードを持って訪ねる。彼女の滞在中に鳥たちが人を襲いはじめ、街全体がパニックに陥る。 ...
映画

映画「トラ・トラ・トラ!」(1970)の感想。臨場感ある真珠湾奇襲映像。

1970年公開のアメリカ映画。真珠湾攻撃をめぐる日米両国の動きを題材にした戦争映画。 克明に描かれる日米両国の動き。日本側は、練りに練った真珠湾攻撃を実行に移す過程。しかし、宣戦布告が遅れるという失態を招いてしまう。一方、アメリカ側は...
映画

映画「ランボー」(1982)の感想。ベトナム帰還兵の悲哀。

ランボーシリーズの第1作。シルベスター・スタローン主演。 ベトナム戦争の帰還兵であるランボーは、田舎町に戦友を訪ねる。そこでいわれのない罪のため、保安官に追われる身となる。そして、数百人の警官を相手に死闘を繰り広げる。 大筋とし...
映画

映画「12人の優しい日本人」(1991)の感想。脚本は三谷幸喜。

三谷幸喜の戯曲を映画化した作品。裁判員裁判が舞台。 ある殺人事件のために12人の陪審員が集められた。被告の有罪、無罪をめぐって、てんやわんやの議論が繰り広げられる。 12人の個性的な人物が登場する。会議室内のみの長回しの映像だが...
スポンサーリンク