刑事コロンボ「ホリスター将軍のコレクション」の感想

このシリーズには珍しく犯人と目撃者の恋物語が進行する。

朝鮮戦争の英雄であるホリスター将軍は、退役後に元部下と共謀して不正を働いていた。監査が行われることになり、秘密を漏らす危険がある元部下を自宅で射殺する。それを海上のボートから女性に目撃されてしまう。犯人は目撃者に近づき、それとなく懐柔しようと試みる。

探偵ものであっても、事件と同時にサブのストーリーが進行する。軽妙なトークが主体で、登場人物が自身の物語を語りだすテンポのよい展開。こういうソープオペラのような構成は70年代のアメリカドラマにはよくあった。チャーリーズ・エンジェル、署長マクミラン、ロックフォード氏の事件メモなど。コロンボではこういったパターンは珍しい。コロンボと知能犯がゴリゴリやり合う本筋のみで展開するものが多い。不評であったのか、その後本作のようなパターンはつくられなくなった。

この作品自体が、初期のものの中ではあまり人気がない。ストーリー的に犯人がそれほど狡猾に描かれていない。被害者の遺体が発見された時点で、芋づる式に悪事が露見するのは目に見えている。手がかりをレストランの主人から得て一挙に解決というクライマックスはまあまあだが、凶器を隠さない犯人とは何なんだというところかな。軽いノリなので全体的に緊迫感が感じられない。

ちょっと違った雰囲気の作品を見たいならよいかもしれない。ホリスター将軍役のエディ・アルバートは「ローマの休日」にカメラマン役で出演している。

【関連記事】NHKBSプレミアム刑事コロンボベスト20発表
【関連記事】刑事コロンボおすすめエピソード
【関連記事】シーズン別リスト
【関連記事】ブルーレイBOX価格下がる
【関連記事】コロンボが好きなチリ
【関連記事】自縛の紐
【関連記事】死の方程式
【関連記事】美食の報酬
【関連記事】魔術師の幻想
【関連記事】意識の下の映像
【関連記事】死者のメッセージ
【関連記事】策謀の結末
【関連記事】権力の墓穴
【関連記事】秒読みの殺人
【関連記事】殺人処方箋
【関連記事】殺しの序曲
【関連記事】逆転の構図
【関連記事】歌声の消えた海
【関連記事】構想の死角
【関連記事】ロンドンの傘
【関連記事】祝砲の挽歌
【関連記事】パイルD-3の壁
【関連記事】溶ける糸
【関連記事】忘れられたスター
【関連記事】二枚のドガの絵
【関連記事】別れのワイン
【関連記事】偶像のレクイエム
【関連記事】断たれた音
【関連記事】毒のある花
【関連記事】野望の果て
【関連記事】第三の終章
【関連記事】愛情の計算
【関連記事】白鳥の歌
【関連記事】ビデオテープの証言
【関連記事】5時30分の目撃者
【関連記事】ハッサン・サラーの反逆
【関連記事】仮面の男
【関連記事】闘牛士の栄光
【関連記事】さらば提督
【関連記事】ルーサン警部の犯罪
【関連記事】黄金のバックル
【関連記事】攻撃命令
【関連記事】指輪の爪あと
【関連記事】ホリスター将軍のコレクション
【関連記事】死者の身代金
【関連記事】もうひとつの鍵
【関連記事】黒のエチュード
【関連記事】悪の温室