刑事コロンボ「策謀の結末」感想。ベスト20で15位

旧シリーズ最終作。詩人作家で革命家の犯人が、取引きのもつれで武器仲買人を殺害する。

ミステリーとしては平凡なエピソード。切れ味鋭いコロンボの推理や犯人の追い込みは見られない。

だが、ドラマとしてはなかなか面白い。背景に北アイルランドのテロの問題があり、それにからむ武器の密輸がプロットになっていて、割と壮大な背景をもとにしたストーリーだからだ。
それに加え、犯人が詩人のため、詩のやりとりをするセリフが多いのも楽しめる。原語でないとわからないのは残念だが。

コロンボシリーズ終盤のエピソードは、ミステリーとしてはつまらないものが多いが、逆にお金をかけていてドラマとしてみれば面白いものある。この作品もそのひとつ。

コロンボの愛車のプジョーはエピソードごとに少しずつ違うが、今回のものは正真正銘のポンコツ。スクラップ寸前だ。

【関連記事】NHKBSプレミアム刑事コロンボベスト20発表
【関連記事】刑事コロンボおすすめエピソード
【関連記事】シーズン別リスト
【関連記事】ブルーレイBOX価格下がる
【関連記事】コロンボが好きなチリ
【関連記事】自縛の紐
【関連記事】死の方程式
【関連記事】美食の報酬
【関連記事】魔術師の幻想
【関連記事】意識の下の映像
【関連記事】死者のメッセージ
【関連記事】策謀の結末
【関連記事】権力の墓穴
【関連記事】秒読みの殺人
【関連記事】殺人処方箋
【関連記事】殺しの序曲
【関連記事】逆転の構図
【関連記事】歌声の消えた海
【関連記事】構想の死角
【関連記事】ロンドンの傘
【関連記事】祝砲の挽歌
【関連記事】パイルD-3の壁
【関連記事】溶ける糸
【関連記事】忘れられたスター
【関連記事】二枚のドガの絵
【関連記事】別れのワイン
【関連記事】偶像のレクイエム
【関連記事】断たれた音
【関連記事】毒のある花
【関連記事】野望の果て
【関連記事】第三の終章
【関連記事】愛情の計算
【関連記事】白鳥の歌
【関連記事】ビデオテープの証言
【関連記事】5時30分の目撃者