刑事コロンボ「ビデオテープの証言」感想。スパイ大作戦のようなトリック。

ハイテク機器を用いた殺人事件を、ハイテク機器を使ってコロンボが解決するというエピソード。なかなかすっきりしていてよい作品だと思う。

犯人は電子工業の社長。会長の義理の母から業績悪化の責任をとって辞任するように迫られる。そこでハイテク機器を使って殺害する。コロンボはあちこちに矛盾点を見つけ、最後はビデオテープで決定的な証拠を示す。

犯人役のオスカー・ウェルナーは、ちょっと浮き世離れしたオタク的な雰囲気を漂わせている人物像を好演している。

殺人のトリックは、スパイ大作戦を思わせるような古典的なものだが、こういった仕掛けは好きだ。当時としては、すばらしい設備を使っていても、今見るとむしろ骨董的な価値のところに目が行ってしまう。
今のハイテク技術でこういうトリックをつくろうとすると、なんでもできてしまい、面白味に欠ける作品になってしまうだろう。70年代だからできたエピソード。

この作品は、小説版では「燃えつきた影像」というタイトルで出版されていた。

【関連記事】NHKBSプレミアム刑事コロンボベスト20発表
【関連記事】刑事コロンボおすすめエピソード
【関連記事】シーズン別リスト
【関連記事】ブルーレイBOX価格下がる
【関連記事】コロンボが好きなチリ
【関連記事】自縛の紐
【関連記事】死の方程式
【関連記事】美食の報酬
【関連記事】魔術師の幻想
【関連記事】意識の下の映像
【関連記事】死者のメッセージ
【関連記事】策謀の結末
【関連記事】権力の墓穴
【関連記事】秒読みの殺人
【関連記事】殺人処方箋
【関連記事】殺しの序曲
【関連記事】逆転の構図
【関連記事】歌声の消えた海
【関連記事】構想の死角
【関連記事】ロンドンの傘
【関連記事】祝砲の挽歌
【関連記事】パイルD-3の壁
【関連記事】溶ける糸
【関連記事】忘れられたスター
【関連記事】二枚のドガの絵
【関連記事】別れのワイン
【関連記事】偶像のレクイエム
【関連記事】断たれた音
【関連記事】毒のある花
【関連記事】野望の果て
【関連記事】第三の終章
【関連記事】愛情の計算
【関連記事】白鳥の歌
【関連記事】ビデオテープの証言