刑事コロンボ「魔術師の幻想」の感想。ベスト20で18位。

「魔術師の幻想」は第5シーズンのエピソード。ストーリーとしては、なかなか面白い作品。

犯人のマジシャンがナイトクラブのオーナーを殺害する。ナチの親衛隊だった過去をネタにゆすられていたためだ。

コロンボは早い段階で犯人の目星をつけるが、動機がわからない。

最後の謎解きだけは物足りない。タイプライターが重要な役割を果たすが、最後の決め手はルーサン警部のときのような終わり方で拍子抜け。名探偵コロンボにしては物足りない。

犯人役のジャック・キャシディは3本目の出演。ふてぶてしく冷徹な感じがして、コロンボシリーズの中でも印象に残る俳優だ。警部マクロードにも出ていた。このエピソード製作の直後に火事で亡くなったそうだ。

最後以外の全体的な出来はよい作品なので、18位という順位は妥当なところかな。

【関連記事】刑事コロンボおすすめエピソード
【関連記事】シーズン別リスト
【関連記事】コロンボが好きなチリ
【関連記事】自縛の紐
【関連記事】ブルーレイBOX価格下がる
【関連記事】NHKBSプレミアム刑事コロンボベスト20発表
【関連記事】死の方程式
【関連記事】美食の報酬
【関連記事】魔術師の幻想
【関連記事】意識の下の映像
【関連記事】死者のメッセージ
【関連記事】策謀の結末
【関連記事】権力の墓穴
【関連記事】秒読みの殺人
【関連記事】殺人処方箋
【関連記事】殺しの序曲
【関連記事】逆転の構図
【関連記事】歌声の消えた海
【関連記事】構想の死角
【関連記事】ロンドンの傘
【関連記事】祝砲の挽歌
【関連記事】パイルD-3の壁
【関連記事】溶ける糸
【関連記事】忘れられたスター
【関連記事】二枚のドガの絵
【関連記事】別れのワイン
【関連記事】偶像のレクイエム
【関連記事】断たれた音
【関連記事】毒のある花