刑事コロンボ「死者の身代金」の感想。パイロット版の第2弾。

「殺人処方箋」に続いて製作されたパイロット版の第2弾。

女性弁護士が夫を射殺する場面で始まる。犯人は、夫が誘拐され身代金を要求されたという狂言を仕組む。自らセスナ機を操縦し身代金の受け渡しに向かい、巧みに自分のものにしてしまう。コロンボは彼女の対応に不審を抱き捜査を進める。

パイロット版では、後の作品に比べても、犯人の知能犯ぶりが際立つ設定になっている。ストーリーは、コロンボがいかにして隙のない犯罪計画を切り崩すにかという一点にのみに焦点があたっている。

他のエピソードでは、犯人側の事情もそれなりに描かれるし、追いつめられてうろたえる犯人もいる。しかし、前作の精神科医同様に、リー・グラント演じる女性弁護士は、最後まで全く動じない。クライマックスは、「殺人処方箋」と同じように知能犯が策におぼれて墓穴を掘るというパターン。

犯人が難攻不落の鉄仮面という設定は、その後はあまりみられなくなった。ゴリゴリのアリバイ崩しだけよりも、多少の人間ドラマをまじえた構成に移っていった。その方が犯人役の演技にも深みがでる。「別れのワイン」や「忘れられたスター」のような作品もそういう流れの中で生まれてきたのだと思う。

最後にコロンボがグレープジュースを注文するシーンがある。原語では、このセリフはルートビアになっている。ルートビアはチリに合いそうだ。

【関連記事】NHKBSプレミアム刑事コロンボベスト20発表
【関連記事】刑事コロンボおすすめエピソード
【関連記事】シーズン別リスト
【関連記事】ブルーレイBOX価格下がる
【関連記事】コロンボが好きなチリ
【関連記事】自縛の紐
【関連記事】死の方程式
【関連記事】美食の報酬
【関連記事】魔術師の幻想
【関連記事】意識の下の映像
【関連記事】死者のメッセージ
【関連記事】策謀の結末
【関連記事】権力の墓穴
【関連記事】秒読みの殺人
【関連記事】殺人処方箋
【関連記事】殺しの序曲
【関連記事】逆転の構図
【関連記事】歌声の消えた海
【関連記事】構想の死角
【関連記事】ロンドンの傘
【関連記事】祝砲の挽歌
【関連記事】パイルD-3の壁
【関連記事】溶ける糸
【関連記事】忘れられたスター
【関連記事】二枚のドガの絵
【関連記事】別れのワイン
【関連記事】偶像のレクイエム
【関連記事】断たれた音
【関連記事】毒のある花
【関連記事】野望の果て
【関連記事】第三の終章
【関連記事】愛情の計算
【関連記事】白鳥の歌
【関連記事】ビデオテープの証言
【関連記事】5時30分の目撃者
【関連記事】ハッサン・サラーの反逆
【関連記事】仮面の男
【関連記事】闘牛士の栄光
【関連記事】さらば提督
【関連記事】ルーサン警部の犯罪
【関連記事】黄金のバックル
【関連記事】攻撃命令
【関連記事】指輪の爪あと
【関連記事】ホリスター将軍のコレクション
【関連記事】死者の身代金
【関連記事】もうひとつの鍵
【関連記事】黒のエチュード
【関連記事】悪の温室