スポンサーリンク
テレビ

刑事コロンボ「第三の終章」感想。ベスト20でランク外だが傑作。

ミステリータッチのエピソード。構成が複雑なので、わかりにくさではシリーズ最右翼かもしれない。謎解きものとして傑作だと思うが、これだけわかりにくいと人気はでない。 コロンボが犯人に「おわかりになったようで」と言って終わるが、1度見ただけ...

倉山満著「2時間でわかる政治経済のルール」書評感想

初心者向けに書かれた政治経済の基本的は見方についての本。 ざっくばらんな調子で書かれているが、与太話的なものなのかというと、そうではない。ものごとを見る上で本質的なことをわかりやすく解説してある。 ・公開情報を読み解くこ...

読売新聞経済部著「インサイド財務省」書評感想

読売新聞に連載されていた記事をまとめたもの。 最近の森友加計問題、次官のセクハラ辞任など、かっての最強官庁財務省の凋落は続いている。 政治家との折衝の重要さが増すなか、うまく政治に食い込めない。OB勢力の力も弱まり、見切...
テレビ

刑事コロンボ「野望の果て」感想。ベスト20でランク外だが傑作。

よくできたストーリーとわかりやすい展開。個人的にも好きな作品だし、傑作と言ってよいと思う。これだけ力を入れてつくっているのだから、もっと人気があってもよいと思うのだが。最後があまりミステリー的でないところが不人気の原因かもしれない。 ...
テレビ

「満島ひかり×江戸川乱歩」NHKBS江戸川乱歩の短編シリーズの第3弾

満島ひかり主演の江戸川乱歩の短編シリーズの第3弾。年末にNHK BSプレミアムで録画しておいたものを、ようやく見た。 「シリーズ・江戸川乱歩短編集」は、NHK BSプレミアムのテレビドラマシリーズ。江戸川乱歩の短編小説が原作になってい...
外国語

秋山燿平著「世界一シンプルな外国語勉強法」書評感想

10カ国語を習得し、4カ国語はビジネスレベルという著者が披露する外国語勉強法。実践型で実用重視の勉強法。 必要な単語表現だけ覚える 先ず単語200表現30を覚える アウトプットをする 必要なものから使いながら覚えると...
映画

映画「天国と地獄」(1963)黒澤明監督の感想

黒澤明監督の映画の中では珍しいサスペンスタッチの作品。個人的には、「七人の侍」や「用心棒」よりも、こちらの方が好きだ。 三船敏郎演じる靴メーカーの重役の家で起きた誘拐事件。その事件に翻弄されて、重役は今まで築いてきたものを失う。犯人の...
食べ物

くら寿司のKURA BURGERを食べてみた。ふつうのハンバーガーだった。

くら寿司の新作KURA BURGERがでた。 くら寿司で新作のハンバーガーがでた。国産天然魚を100%使用した「フィッシュバーガー」と肉を使用した「ミートバーガー」の2種類。「安心して食べられるバーガー」、「体にやさしいバーガー」、四...

竹中平蔵著「平成の教訓」書評感想

小泉政権で経済政策を担った著者が、平成経済を振り返る本。とくに改革の内幕については詳しく述べられている。 平成を失われた30年と見るのは誤りで、まだらな30年と総括している。小泉竹中路線による新自由主義で格差が拡大したという批...

長谷川慶太郎著「今こそ「米中」を呑み込め」書評感想

米中覇権戦争を中心に、最近の国際情勢についてのまとめた本。日本は、米中覇権戦争の中に活路見つけるべきという主張。 ・米中覇権戦争総力戦。米は関税引き上げ、次は貿易金融で中国を締め上げる ・中国経済成長ためには国営企業でなく民...
スポンサーリンク