映画「007は二度死ぬ」(1967)の感想。日本が舞台、丹波哲郎、浜美枝出演。

日本を舞台にした007シリーズ第5弾。丹波哲郎が情報機関のボスとして、浜美枝と若林映子がボンドガールで出演している。

米ソの宇宙船が正体不明のロケットに捕獲されるという事件が発生する。イギリス謀報部はロケットの基地が日本にあることを突き止める。ボンドは日本に向かい、日本の諜報機関のタイガー田中の協力で調査を進める。米ソの軍事衝突を防ぐため、秘密基地に潜入する。

ストーリー的にはちょっと荒唐無稽。日本の描き方も首をかしげるところが多々ある。丹波哲郎が専用列車で通勤したり、女性たちと風呂に入ったり、忍者が活躍したり、手裏剣で戦ったりと。ショーン・コネリーが地下足袋姿になるのは笑える。やはり欧米から見た神秘的な日本という描き方。

この作品のみどころは、大がかりなセットと日本各地でのロケ。とにかくお金がかかっていると思う。犯人集団の秘密基地、丹波哲郎のオフィスの凝ったつくり、ミニヘリコプターの登場など。

東京オリンピック(1964)直後の、約50年前の日本がきれいに撮られていて、そこがこの映画の大きな魅力になっている。大相撲、ホテルニューオータニ、姫路城、丸ノ内線、熊野那智大社など。これだけでも見る価値があると思う。

スパイアクション映画としての面白さはイマイチだが、それ以外に楽しめるところが多い作品。

007は二度死ぬ [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン