AmazonのKindle Unlimitedを1ヶ月半使った感想

Kindle Unlimitedを始めた

Amazonの読み放題サービス、Kindle Unlimitedを始めてから約一ヶ月半が過ぎた。

通常は、最初の30日間は無料というお試し期間があるが、たまたまキャンペーン期間中で、2ヶ月99円でお試し利用ができるというので始めてみた。

Kindle Unlimitedとは?

Kindle Unlimitedは、980円/月で和書12万冊、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が定額読み放題になるサービス。

対象タイトルは入れ替わることもある。月単位で契約、解約ができる。

ラインナップは?

話題の最新刊は、ほとんどないと考えてよい。ちょっと前に話題になったものは見つかることもある。

一部の人にしか人気のないようなものは、分野によっては割と揃っていることもある。

雑誌は、最新刊でも読めるものがあるが、入れ替えがあるようだ。それでもまあまあの品揃えだ。

このように書くと、ラインナップはたいしたことないと思われてしまうが、実際はそういうことでもない。

対象になっている本が多いので、その中に自分の読みたいと思う本がよくある。実際、端末には同時に10冊まで登録できるが、常時ほぼ満杯状態になっている。

読みたいと思った本を探すとない場合が圧倒的に多い。だが、ラインナップの中には読みたい本がたくさん見つかるといった感じ。

どんな人に向いているか

ザッピング的に乱読主体で読む人には向いていると思う。興味ある分野にフォーカスして、その中から面白そうなものを選ぶといった人。

反対に向いていない人は、本を決め打ちするタイプの人。読みたい本があるとは限らないから。

まとめ

どんな使い方をするにせよ、この品揃えで980円/月で読み放題はお得。お試し期間もあるので、ちょっと試してみる価値はあるサービスだ。

スポンサーリンク
シェアする
torasanをフォローする
寅さん亭日乗