100均ペットボトルオープナー。ダイソーとセリアの比較。

ペットボトルの蓋を開けるのには割りと力が要る。小さな子供や高齢者にとってはなかなか大変だ。そこで100円ショップでボトルオープナーを見つけてきた。

左の青のものがダイソー、右の緑のものはセリアで買ったもの。

ダイソーのものは、ゴム製でキャップにかぶせて圧着させて回すタイプ。滑りにくくなるし、回す径が少し大きくなるので開けやすくなる。
使ってみると、力を少しいれないと滑りやすくなってしまった。力の弱い人には、うまく密着させるのがたいへんかもしれない。

セリアのものは、プラスチック製で、ギザギザのついた部分で蓋をはさんで回すタイプ。ペンチではさんで回すような感じ。
はさむのも回すのも楽で、それほど力が要らない。
更に、先端では缶のプルトップをあげられ、取っ手の先では缶詰のふたも開けられる。磁石がついているので、冷蔵庫などにペタッと貼り付けておくことができる。

比較すると、セリアのものの方が使いやすいと思う。ひとつ常備しておくと、何かと便利。