スポンサーリンク
映画

映画「新幹線大爆破」(1975)の感想。昭和のパニック映画の秀作。

高倉健主演の昭和のパニック映画。豪華キャストで力の入った作品。 高倉健演じる犯人が、走行速度を落とすと爆発する爆弾を新幹線に仕掛ける。博多駅到着までに身代金を支払わないと大惨事になるという緊迫感の中、犯人たちと警察、国鉄の息詰まるやり...
雑貨

100均 ダイソーの強力瞬間接着剤ミニは4個入りの使い切りタイプ。

瞬間接着剤を使うとき、少し使ってから放置しておくと、残りが固まって使えなくなることがある。そういった無駄をなくすのには、ダイソーで売られている使い切りタイプが便利だ。 1gに小分けされたミニ容器が4本入っていて、1回の使用で1...
映画

映画「オデッサ・ファイル」(1974)の感想。元ナチ親衛隊の秘密組織。

フレデリック・フォーサイス原作のスパイ映画。 時代は1960年代の初め。主人公のフリーのジャーナリストは、自殺したユダヤ人老人の日記から、元ナチ親衛隊の秘密組織「オデッサ」の存在を知る。ユダヤ人過激派グループと知り合い、その助けを借り...
外国語

NHKラジオ第一でエスペラント語が取り上げられる。

エスペラント語がテレビやラジオで取り上げられることは珍しいが、NHKラジオ第一のNHKジャーナルの中で、エスペラント語についての話題が放送された。 「ダーリンは外国人」で有名なジャーナリストのトニー・ラズロさんへの電話でのインタビ...
ドリンク

台湾の名屋香蕉牛乳。バナナミルクの感想。サッパリ味の牛乳。

台湾の缶入りバナナミルク。パパイヤミルクに続いての購入。 薄口のミルクにバナナ味をつけた飲み物。ミルクはサラッとしていて飲みやすい。バナナ味は香り程度ではなくしっかりした風味があるが、濃いというわけではない。サラサラ感をなくさ...

高木彬光著「ハスキル人」の感想。異質なSF的なストーリー。

高木彬光には珍しいSF的なストーリー。ハスキル人というのは主人公となる宇宙人の名前。 地球よりもはるかに文明が進化した宇宙からやってきたハスキル人。人間に憑依して、驚くべき能力を発揮する。それに目を付けた新聞社や実業家たち。挙...
囲碁将棋

「Number」初の将棋特集号の感想。藤井聡太ブーム以上の濃い中身でおすすめ。

Numberから初めて将棋の特集号が出たというので、書店で手にとってみた。立ち読みですませるつもりだったが、思いの外中身が濃く、そのままレジへ。購入してきました。 当然ながら、話題の藤井二冠が表紙と巻頭記事。ブームの渦中なので...
食べ物

かつや「鶏ちゃん焼きチキンカツ定食」の感想。ボリューム満点でガッツリ系。

かつやの期間限定メニュー「鶏ちゃん焼きチキンカツ定食」。岐阜の郷土料理の「鶏ちゃん焼き」がベースで、ご当地グルメ企画の第2弾ということだ。 左側がチキンカツで味噌ダレがかかっている。右側は鶏の唐揚げとキャベツ炒めで、これが「鶏...

シェイクスピア著「マクベス」の感想。運命のまわりで踊る人間の悲劇。

四大悲劇の中では一番短い作品。黒澤明監督の「蜘蛛巣城」の原作。 スコットランドの武将マクベスは、森の中で魔女たちに出会う。彼女たちは彼が王になると予言する。夫人にその話をすると、主君の誅殺をそそのかされる。それを実行し望みどお...
外国語

「フランス語立体読解術」は読解力養成に最適。

フランス語の読解学習本。仏検2級準備レベルから1級レベルが対象。20世紀の日本の話題を、年ごとに100年間で20テーマを取り上げたもの。 記事が日本の近現代史に関するものなので、それなりの一般常識くらいの知識でも、とっつきやす...
スポンサーリンク