私のマウス、トラックボールの環境は二刀流。これがおすすめの使い方です。

この間、マウスとの比較でトラックボールのメリット、デメリットなどを書いた。

マウスと比較すると、それぞれ一長一短があり、どちらがよいとも言えない。そこで私の場合は、一番実用的な解決策を採用している。そう、大谷翔平ならぬ二刀流だ。マウスとトラックボールの両方をPCにつないでいる。

パソコンに2つつないでもとくに問題はでていない。ロジクールの無線マウスG602とケンジントンの有線トラックボールExpert Mouseで、ソフトはロジクールのゲームソフトウェアを入れている。ケンジントンのTrackballWorksは入れていない。

メインがマウスで、サブがトラックボールという使い分けだ。

1.マウスを使うとき

とにかく時間がないとき、急いでいるときはやはりマウスだ。ソフトを切替ながらコピペを繰り返し、あちこちに入力するときなど。

長時間使っていると腕が疲れてくる。使いすぎで腱鞘炎になったという話も聞くので、腕への負担は大きいのだろう。

ここは、高校野球のピッチャーの球数制限よりも先に、マウスの時間制限を自主的に設けるべきかもしれない。

2.トラックボールを使うとき

ほとんどがネットサーフィンをするときだ。それほど細かい作業もない。トラックボールで苦手なクイック操作の繰り返しもない。こういうときはトラックボールの出番だ。

それから疲れていて体を動かすのも嫌だというときがある。腕も動かしたくない。

椅子にもたれかかって、指を動かすだけ。ぐったりモードのときはトラックボールだ。

【関連記事】トラックボールの特徴は?
【関連記事】初心者向けおすすめのトラックボール