映画「情婦」(1957)の感想。名優たちが演じるクリスティーの「検察側の証人」。

原作はアガサ・クリスティー短編「検察側の証人」。

富豪未亡人殺害事件の容疑者が、老弁護士に弁護を依頼する。容疑者の妻は夫のために証言台に立つが、身内によるアリバイの証明は難しい。だが、妻は思わぬ行動にでる。

往年の映画全盛時代を思わせる洗練された作品だ。原作のよさはもちろんだが、この映画はそれだけにとどまらない。名優たちの共演とも言える演出は、スターがスターを演じる重厚なものばかり。老弁護士のチャールズ・ロートンのお茶目な老獪さ、マレーネ・デートリッヒの憂いの表情と妖艶さ、タイロン・パワーの狡猾なプレイボーイぶりなど。終始テンポがよく、引き込まれるような構成だ。謎解きとどんでん返しで、一気にクライマックスに持って行く脚本もよい。

脚本、演出、演技がすべてマッチした優れた作品だ。ミステリーファンでなくてもおすすめ。

情婦 [AmazonDVDコレクション]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン