ミステリー

スポンサーリンク

高木彬光著「神津恭介への挑戦」の感想。平成に書かれた神津恭介が活躍。

高木彬光の神津恭介シリーズ平成三部作の第1作。 満員電車内で毒殺事件が発生した。偶々、乗り合わせた新聞記者が被害者の身元を探っていくと、関係する男が失踪していることがわかる。彼らはあまり表沙汰にできない事件を起こしていて、その...
映画

映画「泥棒成金」(1955)の感想。ヒッチコック監督、グレース・ケリー出演。

ヒッチコック監督のロマンチックミステリー。ケーリー・グラント、グレース・ケリー主演。 ケーリー・グラント演じるかっての宝石泥棒は、引退して南仏で悠々自適の生活を送っていた。ある日、彼の手口を真似た宝石盗難事件が発生し、彼に容疑がかかる...
テレビ

NHKドラマ アガサ・クリスティー「蒼ざめた馬」の感想

イギリスBBC製作のアガサ・クリスティー原作のドラマの第5弾。2020年製作。 古美術商の主人公は、前妻を事故で亡くした後に美しい妻と再婚していた。ある日、病死体で発見された女性の靴の中から人名リストが見つかり、主人公の名前もその中に...
テレビ

相棒6 第11話 「ついている女」、第12話 「狙われた女」の感想。

相棒6の第11話「ついている女」と第12話「狙われた女」。脚本は古沢良太。 鈴木杏樹演じる幸子は、殺人未遂で逮捕され服役していた。病気のため護送される途中に脱走事件に巻き込まれる。同乗中の囚人を救おうとした仲間による犯行と思われた。そ...
テレビ

NHKBSドラマ 横溝正史短編集Ⅲ「女怪」の感想。何でもありの作品。

NHKの横溝正史短編集第3シリーズの第3作。 金田一耕助は、彼の活躍を執筆する作家先生と温泉宿に逗留する。近くに修業場があり、以前そこは会社社長の別荘であった。社長は金田一が知る銀座のマダムの夫であったが、既に脳溢血で亡くなっていた。...
テレビ

NHKBSドラマ 横溝正史短編集Ⅲ「蝙蝠と蛞蝓」の感想。パルコのポスターのようだ。

NHKの横溝正史短編集第3シリーズの第2作。「蝙蝠と蛞蝓」は、「コウモリとナメクジ」と読む。 主人公は賃貸アパートに住む学生。同じアパートに住む金田一耕助を蝙蝠と呼び毛嫌いしていた。隣には彼が蛞蝓と呼ぶ若い女が住む借家があった。鬱々と...
テレビ

NHKBSドラマ 横溝正史短編集Ⅲ「女の決闘」の感想。動画紙芝居のようだ。

NHKの横溝正史短編集第3シリーズの第1作。金田一耕助は池松壮亮。クリエイティブな映像で知られるシリーズ。 外国人宅で開かれたパーティに、作家夫妻と作家の前妻が招待されていた。その席上、妻と前妻が並んでソフトクリームを食べていると、妻...
テレビ

ドラマ「本陣殺人事件」(1992)の感想。片岡鶴太郎主演。

スカパーで視聴。フジテレビ製作の金田一耕助シリーズの第3弾。片岡鶴太郎主演。 結婚式出席のため岡山の旧家を訪れた金田一耕助。婚礼の夜、新郎新婦が血まみれで死んでいるのが発見される。雪に覆われた庭には、犯人が逃げた足跡はなく、不可思議な...
テレビ

森村誠一原作ドラマ「殺意の重奏」の感想。古畑任三郎と刑事コロンボが共演。

スカパーで録画しておいた古いドラマを観た。1978年5月に土曜ワイド劇場で放送された「殺意の重奏」。原作は森村誠一で、田村正和と小池朝雄が出演している。 田村正和演じる大手商社マンは、出世競争のライバルである同期が、自分の上司となり、...
映画

映画「アンダルシア 女神の報復」(2011)の感想。織田裕二の外交官シリーズ第2弾。

「アマルフィ 女神の報酬」に続く織田裕二主演の外交官シリーズ。舞台はスペイン。 織田裕二演じる外交官は、自殺した警視総監の息子の調査のためパリからアンドラへ向かう。そこで発見者の女性銀行員の保護をしようとするが、警視庁から派遣されたイ...
スポンサーリンク